英日翻訳 DHC-オンライン講座 翻訳ダンベル    ランダム

第11問 翻訳の基礎技術に関する問題

次の文の訳として適していると思われるものを、下の4つの中からひとつ選んでください。(saute = 〜をソテー<炒め物>にする)

I often saute sliced apples with a bit of butter when we have pork.

a. 私たちが豚肉を食べるとき、私はしばしば薄切りのリンゴを少しのバターで炒め焼きにする。
b. ポークを食べるときには、多くの場合、スライスしたリンゴをバター少量で焼く。
c. 豚肉には、薄切りリンゴをバターで焼くことが多い。
d. うちでは豚肉料理には、よくリンゴのスライスのバターソテーを添える。


解答・解説

正解はdの「うちでは豚肉料理には、よくリンゴのスライスのバターソテーを添える」です。

oftenの意味を辞書で引くと「しばしば」という訳語がお決まりのように載っています。硬い文章ならいざ知らず、この「しばしば」を上の例文が含まれているような文章や日常の会話などで自然に使うことなどあるのでしょうか。ほとんどないと言ってもよいでしょう。それなのに、なぜ昔からoftenの訳語として「しばしば」が当然のように最初の方に載っているのか、不思議です。

このように、英和辞典の訳語は必ずしもそのまま翻訳に使えるものではありません。ある単語の意味についてきちんと調べたい場合には、英和も英英も含めて、さまざまな意味、さまざまな訳語を熟読し、原文の文脈に添って自分なりの解釈をする必要があります。その上で納得のいく訳語を自分で決めましょう。

この講座では何度も「ある単語の、なじみの深い意味を機械的にあてはめてはいけない」という翻訳の基本ルールについて説明しますが、ここでは「辞書の訳語をそのまま機械的に使わない」というルールについて解説しました。

ツイート


DHC-オンライン講座のご紹介
Copyright (C) 2006-2017 DHC Corporation & Marlin Arms Corporation.

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。この処理の詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリック(タップ)してください。