英日翻訳 DHC-オンライン講座 翻訳ダンベル    ランダム

第25問 英文法の問題

次のワインについての文章を読んで、第1文のgrewが文法的に下のどれにあたるか、ひとつ選んでください。(参考 documentation = 証拠資料)

As early as the 4th Century AD, it is believed that Pinot Noir grew in Burgundy. This early grape was called Morillon Noir. Documentation exists regarding a Pinot grape in the 14th Century AD in the Burgundy area.
(引用元ページへ)

a. 助動詞
b. 自動詞
c. 間投詞
d. 他動詞


解答・解説

正解はb.の自動詞です。

品詞について復習するための問題です。grewはgrowの過去形で、普通動詞ですから、a. の助動詞にはなり得ません。

c. の間投詞は、驚きや喜びなどの感情を表す単語で、これもgrowにはありません。どちらについても、念のために英英辞典や英和辞典で調べてみるとよいでしょう。

d. 「他動詞」は、grewの後を見れば、目的語がないので違うと判断できます。

自動詞のgrowの意味は「(草木が)生える、育つ」ですから、「ピノ・ノワールぶどうは、早くも4世紀にはブルゴーニュ地方に生育していたと考えられています」で筋が通りますね。英文としては "It is believed that Pinot Noir grew in Burgundy as early as the 4th Century AD." の方が「正しい」のですが、ここで著者は「なんと4世紀という古い時代から」と強調したいのです。

残りの部分も含めて全部訳してみましょう。

ピノ・ノワールぶどうは、早くも4世紀にはブルゴーニュ地方に生育していたと考えられています。 このごく初期の品種はモリヨン・ノワールと呼ばれていました。ブルゴーニュ地方には、14世紀のピノぶどうに関する資料が現存します。

ツイート


DHC-オンライン講座のご紹介
Copyright (C) 2006-2017 DHC Corporation & Marlin Arms Corporation.

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。この処理の詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリック(タップ)してください。