英日翻訳 DHC-オンライン講座 翻訳ダンベル    ランダム

第57問 日本語の用法の問題

次の4つの文の中に、誤りのあるものがあります。それをひとつ選んでください。

a. そんな歯の浮くようなお世辞を言うなんて、あなたらしくもない。
b. あまりの寒さに、歯の根が合わなかった。
c. その問題はむずかしくて、とうてい歯が立たないと思いました。
d. あいつは歯に絹着せぬ物言いをする。


解答・解説

正解(誤りがあるのは)は d. の「あいつは歯に絹着せぬ物言いをする。」です。

「歯に絹着せぬ」ではなく「歯に衣着せぬ」で、これは「相手の気持ちなど考えず、思ったとおりをずばりと言うこと」を意味する慣用句です。英語ではtalk cold turkey(ずけずけ言う)、outspoken(遠慮のない、あけすけな)などが、これに当たります。慣用句として覚えていないと意味不明という点ではtalk cold turkeyがぴったりかもしれませんね。

ほかにいくつか、身体にまつわる慣用句を挙げてみると、「手を抜く」「目に入れても痛くない」「口は災いの元」「腹を割って話す」「足が出る」など、いろいろあります。

逆に英語の、身体にまつわる慣用句もいくつか見ておきましょう。

引用元ページへ

ツイート


DHC-オンライン講座のご紹介
Copyright (C) 2006-2017 DHC Corporation & Marlin Arms Corporation.

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。この処理の詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリック(タップ)してください。