英日翻訳 DHC-オンライン講座 翻訳ダンベル    ランダム

第109回 訳語選択の問題

次の 英文の訳文として適当なのはどれか、次の4つの中からひとつ選んでください。

Here are a few insights into how to control mites for your allergy symptoms.

a. アレルギー症状緩和のため、ダニの管理方法に対する洞察を2、3ご紹介しましょう。
b. アレルギー症状緩和のため、ダニのコントロール法への洞察力を2、3ご紹介しましょう。
c. アレルギー症状緩和のため、ダニの退治法を2、3ご紹介しましょう。
d. アレルギー症状緩和のため、ダニの退治法への洞察を2、3ご紹介しましょう。


解答・解説

正解は c. です。

今回焦点を当てたいのは insight という単語。これを英和辞典で調べると、たいてい「洞察、洞察力、眼識、見通し」といった難しい訳語が並んでいます。しかし、これを上の英文の insight に当てはめて訳してみても、a. や b. や d. のように何を言いたいのかよく分からない文になってしまいます。

ところが英英辞典(たとえば Merriam-Webster Online)で調べてみると、次のように2の定義「物事の本質を直感的に理解したり、直感的に見抜いたりする行為やその結果」も載っています。

  1. he power or act of seeing into a situation : penetration
  2. the act or result of apprehending the inner nature of things or of seeing intuitively

insight という単語は英和辞典の訳語だけでは訳しづらいことが多いものです。こういったときには「翻訳訳語辞典」も有益です。ちなみにこの辞典で insight を調べてみると、「炯眼, 発見, 洞察, 直観, 直覚, 知識, 知恵, 推断, 指摘, 考察, 見通すこと, 感覚, 意見, ひらめき」といった様々な訳語や例が載っているので参考になります(さらに各単語をクリックするとその単語の類語も調べることができます)。

以上の情報を下敷きにして上の英文を直訳すると、「アレルギー症状緩和のため、ダニの退治法に関する知識を2、3ご紹介しましょう」といった具合になりますが、「に関する知識」の部分は意味をよく考えてみると不要であることがわかります。したがって、上のc. が正解ということになります。

英和辞典に載っている訳語を鵜呑みにして、訳文にそのまま使うのは、このように危険です。訳文ができあがったところで意味をよく考えて、少しでもおかしい所があったら、必ず様々な辞書で裏付けをとりましょう。

ツイート


DHC-オンライン講座のご紹介
Copyright (C) 2006-2017 DHC Corporation & Marlin Arms Corporation.

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。この処理の詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリック(タップ)してください。