英日翻訳 DHC-オンライン講座 翻訳ダンベル    ランダム

第144問 日本語の表現の問題

次の文章の中で修正した方がよいと思う箇所を下の選択肢から選んでください。

ここのところ伊豆諸島で地震が頻発している。昨晩のニュースによると、地方自治体にとって防災対策は最重要課題だそうだ。なんと、町の予算の半分がこれに消えた町があるそうだ。

a. 「これに消えた」の「これ」を「防災対策」に直す。
b. 「ここのところ」のあとに「、」を入れる。
c. 「防災対策」を「防災」に直す。
d. 「なんと、」の「、」をとる。


解答・解説

筆者が正解と思うのは c. の「『防災対策』を『防災』に直す。」です。「地方自治体にとって防災対策は最重要課題だそうだ。」は「地方自治体にとって防災は最重要課題だそうだ。」にした方がよいと考えます。

まず他の選択肢について考えてみましょう。b.とd.については、どちらでもかまわないでしょう。原文のままの方がよいと筆者には思えますが、b.でもd.でも違和感はありません。

a. 「これに消えた」の「これ」を「防災対策」に直す。
b. 「ここのところ」のあとに「、」を入れる。
c. 「防災対策」を「防災」に直す。
d. 「なんと、」の「、」をとる。

a. については、そもそも「防災対策」という単語が変だというのが筆者の主張ですが、それをおいておけば「これ」でも「防災対策」でも大丈夫でしょう。

「防災対策」はなぜ変だと思うのか説明しましょう。 「"防災対策"」と引用符付きでGoogleの検索をしてみると2013年5月現在で、約127万件件もマッチしてしまいます。したがって、世の中ではこの言葉は何の違和感もなく使われているようです。

しかし筆者は「防災」の「対策」を立てるのは変ではないかと思うのです。「防災」の中に災害を防ぐ「対策」という意味が含まれているので、あらためて「対策」を追加するのは変に感じるのです。

「地震対策」「津波対策」などは、それぞれ地震や津波が起きたときに備えて、さまざまな準備をしておくことを指します。避難訓練をしておいたり、非常食を用意したり、緊急放送用の設備を準備したりといったことが含まれるでしょう。

「防災対策」は「防災」に対してどのような対策を立てるのでしょうか。災害を防ぐことに対して対策を立てるというのはどうも納得がいきません。「防災訓練のときに、国土交通大臣が視察に来るので、そのときにボロを出さないように対策を立てる」といったひねくれたケースしか思いつきません。

試しにSPACE ALCの「英辞郎 on the WEB」で防災対策を検索をしてみました。すると、antidisaster measures、disaster prevention countermeasure、disaster protection countermeasuresなどの英語が並んでいます。antidisaster measuresは意味がよくわかりますが、disaster prevention countermeasureは「防災対策」と同じくらい変だと思うのですが……。

さて、翻訳者としては、他の問題でも書きましたが「保守的な姿勢」がよいのではないかと思います。誰かがおかしいと思う訳語は使わないでおくのがよいのです。「え? これ変じゃない?」と思われてしまうと、書いてある内容に集中してもらえなくなります。「これならば大丈夫だろう」と思われる訳語を思いつくまでがんばって考え抜きましょう。

すぐに思いつかなかったら? 散歩に出かけたり、料理をしたりしてから考えてみるのもよいでしょう。

ツイート


DHC-オンライン講座のご紹介
Copyright (C) 2006-2017 DHC Corporation & Marlin Arms Corporation.

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。この処理の詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリック(タップ)してください。